今週の聖書箇所
ヨハネの福音書4章43節から45節まで
43 さて、二日の後、イエスはここを去って、ガリラヤへ行かれた。
44 イエスご自身が、
「預言者は自分の故郷では尊ばれない」
と証言しておられたからである。
45 そういうわけで、イエスがガリラヤに行かれたとき、
ガリラヤ人はイエスを歓迎した。
彼らも祭りに行っていたので、
イエスが祭りの間にエルサレムでなさったすべてのことを見ていたからである。

来週の聖書箇所
ヨハネの福音書4章46節から54節まで
46イエスは再びガリラヤのカナに行かれた。
そこは、かつて水をぶどう酒にされた所である。
さて、カペナウムに病気の息子がいる王室の役人がいた。
47この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞いて、イエスのところへ行き、
下って来て息子をいやしてくださるように願った。
息子が死にかかっていたからである。
48そこで、イエスは彼に言われた。
「あなたがたは、しるしと不思議を見ないかぎり、決して信じない。」
49その王室の役人はイエスに言った。
「主よ。どうか私の子どもが死なないうちに下って来てください。」
50イエスは彼に言われた。
「帰って行きなさい。あなたの息子は直っています。」
その人はイエスが言われたことばを信じて、帰途についた。
51彼が下って行く途中、そのしもべたちが彼に出会って、彼の息子が直ったことを告げた。
52そこで子どもがよくなった時刻を彼らに尋ねると、
「きのう、第七時に熱がひきました」と言った。
53それで父親は、イエスが「あなたの息子は直っている」
と言われた時刻と同じであることを知った。
そして彼自身と彼の家の者がみな信じた。
54イエスはユダヤを去ってガリラヤに入られてから、
またこのことを第二のしるしとして行われたのである。