今週の聖書箇所
ヨハネの福音書6章1節から15節まで
1その後、イエスはガリラヤの湖、すなわち、テベリヤの湖の向こう岸へ行かれた。
2大ぜいの人の群れがイエスにつき従っていた。
それはイエスが病人たちになさっていたしるしを見たからである。
3イエスは山に登り、弟子たちとともにそこにすわられた。
4さて、ユダヤ人の祭りである過越が間近になっていた。
5イエスは目を上げて、大ぜいの人の群れがご自分のほうに来るのを見て、ピリポに言われた。
「どこからパンを買って来て、この人々に食べさせようか。」
6もっとも、イエスは、ピリポをためしてこう言われたのであった。
イエスは、ご自分では、しようとしていることを知っておられたからである。
7ピリポはイエスに答えた。
「めいめいが少しずつ取るにしても、二百デナリのパンでは足りません。」
8弟子のひとりシモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った。
9「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。
しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」
10イエスは言われた。
「人々をすわらせなさい。」
その場所には草が多かった。
そこで男たちはすわった。
その数はおよそ五千人であった。
11そこで、イエスはパンを取り、感謝をささげてから、すわっている人々に分けてやられた。
また、小さい魚も同じようにして、彼らにほしいだけ分けられた。
12そして、彼らが十分食べたとき、弟子たちに言われた。
「余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。」
13彼らは集めてみた。
すると、大麦のパン五つから出て来たパン切れを、人々が食べたうえ、
なお余ったもので十二のかごがいっぱいになった。
14人々は、イエスのなさったしるしを見て、
「まことに、この方こそ、世に来られるはずの預言者だ」と言った。
15そこで、イエスは、人々が自分を王とするために、
むりやりに連れて行こうとしているのを知って、
ただひとり、また山に退かれた。

来週の聖書箇所
詩篇124篇1節から8節まで
*都上りの歌。ダビデによる
1「もしも【主】が私たちの味方でなかったなら。」
さあ、イスラエルは言え。
2「もしも【主】が私たちの味方でなかったなら、
人々が私たちに逆らって立ち上がったとき、
3そのとき、彼らは私たちを生きたままのみこんだであろう。
彼らの怒りが私たちに向かって燃え上がったとき、
4そのとき、大水は私たちを押し流し、流れは私たちを越えて行ったであろう。
5そのとき、荒れ狂う水は私たちを越えて行ったであろう。」
6ほむべきかな。
【主】
主は私たちを彼らの歯のえじきにされなかった。
7私たちは仕掛けられたわなから鳥のように助け出された。
わなは破られ、私たちは助け出された。
8私たちの助けは、天地を造られた【主】の御名にある。