青い空に十字架
東京都国分寺市、西武線 恋ヶ窪駅徒歩4分のところにあり、小平市,国立市,小金井市,府中市からも近い
日本同盟基督教団 恋が窪キリスト教会
Koigakubo Christ Church


横棒
教会案内 教会案内
横棒
アクセス アクセス
教会案内 交通案内 リンク

今週のことば: だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。(マタイの福音書16章24節)
新着情報:
2018年2月11日 2月11日の聖日礼拝の礼拝説教が聴けます。
また、スペースの関係で2016年12月以前の音声は削除しました。

2017年4月1日 こひつじ幼稚園は2017年4月より期限未定の休園となりました。
2016年9月25日 ホームページのアドレスが変わりました。
新しいURL は http://koigakubo-church.in.coocan.jpです。

2010年4月7日から祈祷会の午前の部(毎週水曜日 午前10時半から)がスタートします。
2007年3月31日 教会創立以来の40年間の年間聖句の歴史を載せました。
今週の聖書箇所
マタイの福音書16章21節から28節まで
21その時から、イエス・キリストは、
ご自分がエルサレムに行って、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、
そして三日目によみがえらなければならないことを弟子たちに示し始められた。
22するとペテロは、イエスを引き寄せて、いさめ始めた。
「主よ。神の御恵みがありますように。そんなことが、あなたに起こるはずはありません。」
23しかし、イエスは振り向いて、ペテロに言われた。
「下がれ。サタン。あなたはわたしの邪魔をするものだ。
あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」
24それから、イエスは弟子たちに言われた。
「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、
そしてわたしについて来なさい。
25いのちを救おうと思う者はそれを失い、
わたしのためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。
26人は、たとい全世界を手に入れても、
まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。
そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。
27人の子は父の栄光を帯びて、御使いたちとともに、
やがて来ようとしているのです。
その時には、おのおのその行いに応じて報いをします。
28まことに、あなたがたに告げます。
ここに立っている人々の中には、人の子が御国とともに来るのを見るまでは、
決して死を味わわない人々がいます。」
来週の聖書箇所
マタイの福音書17章9節から13節まで
9彼らが山を降りるとき、イエスは彼らに、
「人の子が死人の中からよみがえるときまでは、いま見た幻をだれにも話してはならない」
と命じられた。
10そこで、弟子たちは、イエスに尋ねて言った。
「すると、律法学者たちが、まずエリヤが来るはずだと言っているのは、どうしてでしょうか。」
11イエスは答えて言われた。
「エリヤが来て、すべてのことを立て直すのです。
12しかし、わたしは言います。
エリヤはもうすでに来たのです。
ところが彼らはエリヤを認めようとせず、彼に対して好き勝手なことをしたのです。
人の子もまた、彼らから同じように苦しめられようとしています。」
13そのとき、弟子たちは、
イエスがバプテスマのヨハネのことを言われたのだと気づいた。

当教会では礼拝には新改訳聖書第2版を使用しております。
礼拝時にお貸しできる聖書と讃美歌を用意しております。
どうぞお越し下さい。
更新:2018年2月11日